講師紹介 超実力派な講師陣で技術も安心 ♪

かたぎり ゆうじ

〜猫語話せる唯一の人類(パパイヤ鈴木似)〜

 

東京(新宿・渋谷・池袋・六本木等)で8年間、写真とは無関係の飲食業でマネージャー職を勤め、接客や人間とのコミュニケーションの図り方を徹底的に学ぶ。2005年に退職し、茨城に帰郷。創業120年の老舗(株)小貫写真館に入社。以前から興味があった撮影職に就く。

 

アシスタントを経て2007年にJWPG(ジャパン・ウェディングフォト・グランプリ)に初出展、3位入賞。2008年には準グランプリを受賞する。 2009年作品も10位入賞し、2010年にはグランプリと7位入賞のダブル受賞を果たす。更に2011年にはアート部門グランプリ、ドキュメンタリー部 門第3位と15位入賞のトリプル入賞。2012年はアート部門5位とドキュメンタリー部門5位のダブル受賞。そして2013年にはアート部門3位とドキュメンタリー部門にて入賞しダブル受賞。前人未到の7年連続上位入賞中。

 

 

いながわ たつや

〜妻とウサギを愛する新婚さん〜

 

広告代理店でデザイナーを勤めた後、(株)小貫写真に入社し、スタジオフォトグラファーとして幅広い撮影に携わる。

2008年にはJWPG(ジャパン・ウェディングフォト・グランプリ)に出展し、見事入賞を果たす。

2011年に同社を退職し、(株)ギリフォトワークスへ入社。片桐とは前職で先輩後輩の間柄。そのため信頼も厚い。

 どちらかというと草食系の風貌と性格だが、映画はアツイ物を好む。

こだわりは人一倍強く、高いデザイン知識とセンスを組み込んだ写真構成には息をのむ。

とにかく車が大好きで、愛車のCIVIC Type-R EK-9は彼の命。休日には遠方へドライブへ出かけつつ、素敵なロケーションをバックに愛車を撮影し、うっとり。密かに愛車のブログを更新している(らしい)。

2013年、JWPG(ジャパン・ウエディングフォト・グランプリ)ドキュメンタリー部門にて、再度入賞を果たす。

かめい まみ 

〜加賀百万石を築き上げたあの人を尊敬する石川県民〜

 

石川県金沢市が地元の彼女は、地元が大好き。

大好きの度を超えているため地元を離れることなんてもってのほか、そんな彼女がなぜ日本海から太平洋にきたのか。

元々ビデオカメラマンだった彼女は、ギリフォトワークスの写真を見て稲妻に打たれたと言う(本人談)。

 

「たった一枚の静止画なのに動画以上に感動する」

 

それ以来、個人的に写真の勉強をはじめたが、本物の教えを乞うために海を越えずに茨城に来た。

見た目も中身も男らしい彼女は女性から人気であり、撮る写真は女性の美を正直に写し出す。

たまに出る女の子らしさも魅力の一つ。

男性目線で写真を撮れる女性カメラマンは非常に少ないため、彼女は女性カメラマンとして重宝されている。

やまざき まこと 

〜平清盛と同じ地に生を受けた一児のママ〜

 

彼女は後悔している。

なぜ自分の結婚式のときにカシュカシュを知らなかったのか、と。

彼女は後悔している。

なぜ、ちゃんとしたカメラマンに結婚式の写真を頼まなかったのか、と。

「当然あると思っていた写真が、ない。」

「当然上手だと思っていた写真なのに、友達が撮った方が、うまい。」

彼女は出来上がった写真を見てがっかりしたという。

彼女がカシュカシュに入ったのは偶然だった。

たまたまギリフォトワークス主催の写真展を通りがかり、写真の素敵さに感動しそのまま面接を受けた。

「おそらく私と同じように、結婚式場が紹介してくれるカメラマンはプロだから上手に決まっている、と思い込んでいる新郎新婦は多いはず。でもそれは間違いなことも多い、ということをわかってもらいたい。私と同じように後悔してほしくない。だからそれを伝えたい。私はカメラマンの名前すら覚えていないくらい何の印象も残っていない」

彼女の想いはしっかりしていた。

二度と撮ることができない結婚式の写真。

絶対に妥協してはいけない、彼女は伝え続けている。

 

よしの しょうこ

〜明智光秀と同じ地に生を受けた一児のママ〜

 

彼女は写真には人一倍こだわっていた。

自分の結婚式ではカメラマンを自分で探した。

そこで出会ったのがギリフォトワークスである。

彼女は実はもともとはお客様だった。

彼女は自分の結婚式で撮影されたこと、その経験自体に惚れ込んでしまった。

もちろん出来上がった写真も文句なし。

 

「ここで働きたい」

 

結婚式の後、彼女はすぐギリフォトワークスに入りたいと申し出てきた。

 

「撮影されることがこんなに楽しいとは思わなかった。

こんなに素敵な写真を撮るカメラマンたちをもっと全国の新婦に知ってほしい」

そんな想いのもとカメラマンとしても活動している。